"Take off the shoes !!"

173cmのバレーボーラーが本気でダンクを目指すブログです!日々のワークアウト、食事などを更新していきます。またスニーカー収集も趣味の一つであり、レビューもこまめに更新していきます。

【レビュー】LEBRON SOLDIER X(10) "IRIDESCENT"

シューズレビュー5足目。今回はLEBRON SOLDIER X(10)をレビューさせて頂きます。

 
f:id:I_wanna_go_higher:20170823203815j:image

概要

http://e01-marca.uecdn.es/assets/multimedia/imagenes/2016/06/17/14661383779243.jpg

 クリーブランド・キャバリアーズレブロン・ジェームズのアナザーシグネチャー10代目。

2016年のNBAファイナル。2連覇を狙うゴールデンステイト・ウォーリアーズに1勝3敗と後がない状況。運命を決める第5戦、レブロンはこのシューズをデビューさせました。

その後、キャブスは3連勝。特に最終戦レブロンのブロックは歴史に残る伝説的なプ

レーでした。


LeBron James' Historic Block on Andre Iguodala From All Angles

その歴史的な逆転劇に履かれていたのが今作。これにはパフォーマンスにも期待が。

 

今回選んだカラーは「IRIDESCENT」。黒のベースカラーに玉虫色(IRIDESCENT)のスウッシュが目立ちます。

さて早速レビューを。

 

トラクション
f:id:I_wanna_go_higher:20170823203829j:image

このカラーのソールはトランスルーセント。クリアラバーとはまた違い少し硬めの印象です。

グリップは正直言って良くない。止まれないというところまではいきませんが、毎回少しスライドして止まるような印象を受けました。

もう一足、ソリッドラバーのEPも所持しているのですがあちらは中々のグリップでした。購入されるならソリッドラバーのカラーリングを選ぶのが無難かと思います。

クッション 
f:id:I_wanna_go_higher:20170823203837j:image

前作同様、前後にズームエアのシンプルなセットアップ。特にフォアのズームエアの乗り心地は素晴らしく、衝撃吸収・レスポンス、どちらもグッドです。ズームエアに関しては毎回、「衝撃吸収が良いと反発が良くない‥反発が良すぎると衝撃吸収が良くない」といったどっちつかずの感想が多いのですがこのモデルはどちらもバランスがとれています。 

マテリアル
f:id:I_wanna_go_higher:20170823203948j:image
f:id:I_wanna_go_higher:20170823203924j:image

 アッパーの表面はメッシュで構成されており、その下には補強材のようなものが

通気性は平均レベル。といっても最近のバッシュは全体的に素晴らしいので問題ないです。かなり使い込みましたがマジックテープの毛羽立ち以外は特にダメージはなく、耐久性もグッド。

 

フィット
f:id:I_wanna_go_higher:20170823204015j:image
f:id:I_wanna_go_higher:20170823204106j:image

さてこのモデル最大の目玉、「三本のストラップ」。ソルジャーシリーズといえば定番のストラップですが、「完全にシューレースが廃された」というのは10作目である今回が初の試みです。

肝心のフィッティングは「平均」。やはり三本のストラップだけではシューレース有のバッシュに敵うはずが無く‥いやでも逆に考えればこの三本のストラップだけでここまでのフィット感を感じられるのは凄いことなのか、と。後継機であるソルジャー11ではストラップが四本に増えていました。これは勿論、よりフィッティングを高めるためでしょう。

 

ちなみにこのシューズ、慣れるまではめちゃくちゃ履きづらいです。シュータン一体型の為、足の入れ口が狭く、ズボッと勢いよく足を突っ込まないと履けません。

履いてみると内部は意外と広め。こちらはEPモデルではない海外ラストですがそれでも広目だと感じました。あ、ちなみにEPも履いたことありますが同サイズではフォアに1cm(!!)くらい広いように感じました。

少し足幅広めの日本人足である自分でもそう感じたので購入される方は試着必須だと思います。

サポート
f:id:I_wanna_go_higher:20170823204043j:image

履くときに潰してしまいそうなヒールカウンターはしっかりと成形されていてプレー中に踵がブレることはありません。

アッパーも硬めでしっかりと横の負荷も抑制してくれます。

またシャンクプレートはもとよりソールが全体的に硬めなため捻れ対策もしっかりとなされています。

ソールは硬いことは推進力にもプラス。ソールが曲がってからの復元力が素晴らしい。ジャンプ・ダッシュ時にグングン加速してくれる感覚があります。

オーバーオール

  1. グリップ性 6/10
  2. クッション性 9/10
  3. 接地感 9/10
  4. フィット感 8/10
  5. サポート性 10/10
  6. 通気性 8/10
  7. 耐久性 9/10
  8. 軽量性 8/10
  9. ジャンプ・ダッシュ 9/10
  10. コストパフォーマンス 8/10

 

TOTAL SCORE : 84点

 

「アナザーシグネチャー‥?」

前々から疑問だったのですがソルジャーシリーズは本家レブロンシリーズよりも好調のパフォーマンスのものが多い。

レブロンもファイナルはレブロン13を履いていた試合は全敗、ソルジャー10を履いた試合は全勝。一概には言えませんがこれにはシューズの影響も少なからず影響していると思われます。

そしてその次の2016~2017シーズンでもレブロンはソルジャー10を履き続けました。

 

もはや本家レブロンシリーズよりも値段も安価なこちらを買った方がいいのではと思う始末。それだけパフォーマンスの高いシューズです。

http://www.mercurynews.com/wp-content/uploads/2016/08/20160628__LEBRON-BLOCK1.jpg?w=645&h=975

 

以上、レブロンソルジャー10のレビューでした。